野球ブログランキングを見る

2008年06月09日

決勝進出です!

やってくれました。とうとうやりました。

土曜日に行われた。マック杯地方予選の準々決勝と準決勝に勝ち、決勝進出を決めました。

土曜日は朝から曇っていて、雨は降っていないものの、いやぁ〜な雰囲気を醸し出していました。
準々決勝が始まる前に雨が降り出しました。雨の影響が心配でしたが、子供たちは、相手の攻撃を簡単に終わらせ、自分たちのペースで試合を進めました。
相手のチームにはかわいそうでしたが、天気もうちのチームに味方してくれました。小雨のうちに守備を終わらせ、こっちが攻撃中に結構大粒の雨が降っていました。相手のピッチャーは、とても投げ辛そうでかわいそうでした。
しかし、運も実力のうち、しっかり球を見極めてフォアボールをいただくなど、ビックイニングをつくり、5回コールド勝ちでした。

次ぎに第2試合が行われ、観戦していましたが、前回のローカル大会準優勝チームのシード校が負けるという予想外の結果でした。
勝ったチームは、前回ローカル大会で対戦し、うちのチームが10対0で完勝したチームです。子供たちにとっては、シード校よりはやりやすいイメージがありました。
でも、第2試合の内容は、前回ローカル大会の時より、かなり実力をつけてきている様子だったので、要注意でした。

そんな中、他球場(反対ブロック)の結果が入ってきました。去年の秋の新人戦優勝、前回ローカル大会優勝のチームが負けたというのです。
結果的に、そのチームに勝ったところが決勝に勝ち進んだのですが、本当に驚きました。野球は何が起こるかわかりませんね。

こっちも何か起こっては困ると思い、子供たちの気を引き締めました。

準決勝の時には雨は上がって、蒸し暑くなってきていました。
先攻は相手チームでしたが、1回表はランナーを2、3塁に進めたものの、なんとか0点に抑えました。1回裏の攻撃では2点を先制しましたが、制球の定まらない相手ピッチャーを助けるような終わり方。監督・コーチにも嫌な予感がよぎります。
しかし、2回の表も0点に抑え、その裏には追加点2点で4対0。その後は両チーム無得点で4回表に相手に1点を入れられました。この時点ではまだ、どちらに流れが行ってもおかしくありませんでした。
しかし、4回裏に追加点を入れた時点で勝負あり。
向こうに反撃の機会を与えず、5回の裏に追加点を取ってコールドゲームでした。

本当に胃が痛くなるゲームでした。
かなり、ラッキーに助けられました。いや、本当に。

決勝戦は、こうは行かないでしょう。
あと1つ勝てば全県大会です。
この1つを勝てるかどうかで、天と地の差です。

どうか勝てますように!
posted by Dragon at 03:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

明日こそは

今日は雨で練習が出来ませんでした。明日は大事な試合だというのに・・・

明日の降水確率は30%です。


9時から準々決勝で、それに勝つと、第2試合終了1時間後に準決勝があります。

普段通りのプレーであれば勝てると・・・
いやいや、野球は何が起きるかわかりませんから、気を引き締めて、なんとか2試合とも勝ちたいと思います。(私がプレーするわけではありませんが)

あぁ〜 でもやっぱり勝ちたいなぁ

勝ちたい!勝ちたい!勝ちたい!

がんばれ!がんばれ!がんばれ!
posted by Dragon at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

雨で順延

31日(土)と1日(日)にマック杯の地方予選がありました。

31日(土)には開会式と1回戦が行われました。
開会式では、うちのおにいちゃんの初めての行進が見られました。

大会前に行進の練習を何度もして、ダラダラした行進に頭に来て、怒鳴ったこともありました。

「お前ら!練習だからってダラダラしやがって、格好悪いんだよ!行進でさえ合わせられないのに、どうやって試合に勝とうってんだよ!周りに合わせられないのに、何がチームワークだ!やめちまえ!お前ら負けろ!」

さすがにみんな驚いて、声も出すようになり、腕も高く振り、足もあげるようになりました。

本番の行進では、前回の大会よりマシだったものの、行進前の足踏みでは良かったのに、球場に入った途端、腕も足も急に下がってしまいました。
まぁまぁ、小学生だしね。良しとしましょう。

うちのチームはシードだったので、1回戦はなく、開会式が終わると学校のグラウンドに戻って練習をしました。

みんな、次の日の天気が気になって気になって。
降水確率70%とか80%だったので・・・

翌日は準々決勝と準決勝の予定でした。

翌朝は7時に集合だったのですが、雨天中止の場合は私に連絡が来ることになっていましたので早く寝ました。

早く寝過ぎてか、緊張して(大人が緊張してどうする?)か、朝4時に目が覚めました。外に出て、しばらく空を見上げていました。

どんよりとした曇り空です。でも、雨は降っていませんでした。道路も乾いていましたし、夜中は降っていなかったようです。

6時過ぎに、とりあえず、やるつもりで集合するよう連絡しました。
すると、ポツポツと雨が落ちてきて、強さを増していきました。
応援の5年生は自宅待機にしました。

7時に集合して球場へ行き、雨が降る中、ウォーミングアップとキャッチボール、バッティング練習をしていると、さらに雨足が強くなり始め、いったんベンチに戻りました。

大会事務局から、9時まで様子を見て、やれるようなら10時からとの話がありました。濡れてしまった子供たちは、だいぶ寒そうでした。

ところが、雨足は弱まるどころか、逆に強くなってきます。無理だろうなと思っていると、8時30分に中止の決定がはいりました。

残念ながら、来週土曜日に順延となりました。

でも、週間天気予報では、土曜日だけに傘マークでした・・・
posted by Dragon at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 野球ブログへ
野球ブログランキングを見る


野球漫画百科
ちかいの魔球  ちかいの魔球(ちかいのまきゅう)は、ちばてつやの野球漫画。少年漫画誌『週刊少年マガジン』に1961年(昭和36 年)1月から1962年(昭和37年) 12月にかけて連載された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
黒い秘密兵器 黒い秘密兵器(くろいひみつへいき)は、一峰大二の野球漫画。原作は福本和也。少年漫画誌『週刊少年マガジン』に1963年(昭和 38年)から1965年(昭和40年)にかけて連載された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
巨人の星
『巨人の星』(きょじんのほし)は、梶原一騎原作、川崎のぼる画の、いわゆるスポ根野球漫画。並びにこれを基にしたアニメ作品。放 送開始30周年記念にて、新巨人の星がamazon限定で初の映像商品化が決定した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
男どアホウ
甲子園
『男どアホウ甲子園』(おとこどアホウこうしえん)は、原作:佐々木守、漫画:水島新司の野球漫画、及びそれを原作としたテレビア ニメ。『週刊少年サンデー』で連載されていた(1970年2月15日号-1975年3月2日号)。1970年〜1971年にアニメ化。その後、1999年 36・37合併号に読み切りで復活掲載された。
第19回(昭和48年度)小学館漫画賞受賞作品。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
侍ジャイアンツ
『侍ジャイアンツ』(さむらい-)は、梶原一騎原作、井上コオ画の、いわゆるスポ根野球漫画。週刊少年ジャンプに連載された。 (1971年8月3日号 - 1974年10月14日号)
テレビアニメ化されて、1973年10月7日から1974年9月15日まで、よみうりテレビ製作・日本テレビ系列で放映された。全46話。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィ キペディアで調べる
アパッチ野球軍 『アパッチ野球軍』(アパッチやきゅうぐん)は、花登筐原作・梅本さちお作画による漫画、およびそれを原作としたアニメである。
原作漫画は週刊少年キングの1970年35号から1972年26号に連載。アニメはNET系列(現・テレビ朝日)で1971年10月6日から1972年3 月29日まで全26話が放映された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
アストロ球団
アストロ球団(アストロきゅうだん)は、原作遠崎史朗、作画中島徳博の野球スポ根漫画。週刊少年ジャンプに1972年(昭和47 年)39号から1976年(昭和51年)26号にかけて連載された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
ドカベン
『ドカベン』は、水島新司の野球漫画。黄金時代の週刊少年チャンピオンで連載されていた(1972年4月24日号-1981年3月 27日号)。単行本は48巻、文庫本は31巻。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
キャプテン
『キャプテン』は、ちばあきおによる野球漫画。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
プレイボール
『プレイボール』は、ちばあきおによる野球漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
あぶさん 『あぶさん』は、1973年からビッグコミックオリジナルで連載中の、酒豪の強打者・景浦安武(通称:あぶさん)を主人公とする水 島新司の野球漫画。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
1・2のアッホ!! 『1・2のアッホ!!』は1975年-1978年、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されたコンタロウの漫画作品。1975年 に『父帰る!』で第2回赤塚賞を受賞したコンタロウが、初めて本格的連載に取組んだギャグ漫画である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
すすめ!!
パイレーツ
『すすめ!!パイレーツ』は1977年-1980年、「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載された江口寿史の漫画作品。『ストッ プ!! ひばりくん!』と並ぶ江口寿史の代表作である。
プロ野球チーム「千葉パイレーツ」とその選手たちを中心に描いた野球漫画。従来の野球漫画のほとんどがシリアスな熱血スポ根物だったのに対し、徹底した不 条理ギャグを貫き、同時期に週刊少年ジャンプに連載されていた『1・2のアッホ!!』と並んで「野球ギャグマンガ」というジャンルの先駆者となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
がんばれ!!
タブチくん!!

『がんばれ!! タブチくん!!』はプロ野球選手、田淵幸一を主人公としたいしいひさいち作の4コマ漫画である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる
リトル巨人くん 『リトル巨人くん』(リトルきょじんくん)は、内山まもるの野球漫画。『コロコロコミック』(小学館)や小学館の学習雑誌に連載さ れていた。「小学2年生」1977年2月号が初出。同年4月号より「小学3年生」へと引き継がれる。コロコロコミック版は1977年創刊号 - 1979年7月(第1期)・1984年4月 - 1986年3月(第2期)。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアで調べる

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。